ボトックス注射を打つ前に知っておきたい!副作用に関すること

女性
  1. ホーム
  2. 過剰に打ちすぎるのはNG

過剰に打ちすぎるのはNG

カウンセリング

様々な箇所の施術に使用されているボトックス注射。ボトックス注射を行なうことで、活発に働く筋肉を抑えてくれる効果があります。筋肉の働きが弱まることで、顔のエラを小さくすることができたり、脚を細くすることができたりするのです。皮膚を切ることなく、注射一本で綺麗になることができる優れた施術法として、多くの人々から人気を集めています。しかし、ボトックス注射を行なう際は、副作用に関して知識を深めておくことが大切です。ボトックス注射は、安全性の高い施術法ではありますが、場合によっては副作用が発生してしまうケースもあるのです。副作用が発生するケースとしては、筋肉に関わる病気を持っている人・またはその薬を服用している人、アレルギーを持っている人などが施術を行なった場合です。ボトックス注射で使用されている成分は、筋肉に働きかけるものなので、筋肉に関わる病気を持っていると症状を悪化させてしまうことになり、とても危険です。そのほか、ボトックス注射に含まれる成分にアレルギーを持っている人も副作用が出やすいので気をつけましょう。アレルギー反応が出るのはごく稀だと言われていますが、人によってはボトックス注射を打つことで風邪のような症状が出る他にも、吐き気やめまいなどの副作用が出るケースもあるのです。このようなアレルギー反応を引き起こさないためには、施術を行なう前にきちんと医師と話し合って自身の健康状態を確認してもらうことが大切です。

そのほかにもボトックス注射の副作用には、筋力が低下しすぎてしまうという症状もあります。元々筋肉の働きを弱める効果がある施術ですが、過剰に注射を打ちすぎると筋力が大幅に低下して麻痺してしまう可能性があるのです。特に顔は表情筋がうまく機能しなくなり、局所顔面神経麻痺などといった症状に発展してしまうケースもあります。このような症状を発症すると、筋肉が固まって動かなくなり、口がうまく開かなかったり自然な笑顔が作れなくなったりします。ボトックス注射は、しわを改善してくれる効果があるため、顔に注射する人が多いですが、あまりにもやりすぎるとこのような副作用が出てしまいますので注意しましょう。また、顔だけでなく、脚などにも注射を打ちすぎると危険です。筋肉の働きが著しく低下してしまうため、普通に筋肉を動かすことができなくなります。しまいには、ボトックス注射を打たなければ保てないほど筋肉が緩み、日常生活に支障を来してしまう可能性もあるのです。このような副作用を引き起こさないためにも、ボトックス注射を行なう際は過剰な施術を繰り返すことは止めるようにしましょう。